Mobirise

メディアコンテンツ作成の例

ここでは、P社のLED照明を露出させるため、どのような情報を提供したか、例を挙げて説明いたします。

宇宙飛行士の
睡眠方法

この回では宇宙飛行士の睡眠を例にとり説明。宇宙飛行士は疑似的に日の出日の入りを作り出し、睡眠しやすい環境を作っている所を説明することで、日常的な睡眠を興味が持てる内容に変換しています。
このメディアコンテンツと共に、ヒト、モノ、バショを合わせて提案することで、ひと揃えになります。今回、ヒト=番組に欠かせない識者(今回は睡眠学会加盟の医師)。モノ=自動で照度を変える機能を持ったP社のLED照明。バショ=P社のショールーム。

今回の例(と言っても実際に使用したメディアコンテンツですが)のように、メディアコンテンツの主題とPRしたい商品が離れれば離れるほど番組担当者は扱いやすくなり、思わぬ展開になることで視聴者の興味を引くことができるようになります。また、今回はPR共同体に加盟する他の企業の商品も露出に成功しています。

日本のモノづくり

この回では、100年も続く電気製品の歴史と、日本人のまじめな職人気質をコンテンツの中心にし、数ある家電メーカーの中に一つとして当時最先端だったP社のLED照明をクローズアップさせることにしました。
このメディアコンテンツと共に、ヒト、モノ、バショを合わせて提案することで、ひと揃えになります。今回、 ヒト=番組に欠かせない識者(今回は家電研究者)。モノ=自動照度変更機能を持ったP社のLED照明。バショ=P社のショールーム。

今回の手法は、多くの物の中の一つに紛れ込ませ、他の商品より優れた部分をクローズアップする手法となりました。また、今回は当社のPR共同体に加盟する他の企業の製品も別の意味において他社を凌ぐ商品として露出しています。

 

よほど多くの人達が認める画期的な商品でもない限りメディアはそれを単独で取り上げることはありません。このため当社では、クライアントが世に送り出した商品を、いかに効率よく露出させるか考え、プレスリリースから誰もが興味を引くわかりやすい情報に変換し、メディアに提案しています。

通常このような作業は、企業の広報やPR代理店などでは行いません。そのため、私たちのようなエージェントが必要となります。